古美仕上げとは

古美仕上げとは、銅めっきを厚付けした後に、ある溶液に浸せきして黒染めした表面を、機械的研磨方法によって黒色皮膜を除去し、あたかも長い年月を経た銅製品のような色調に仕上げる方法です。
 
銅の赤味と黒の濃淡ぼかしの色調とが、見事に調和を保ちアンティークな雰囲気を醸し出す古美仕上げは、インテリア商品をはじめ、装飾品や美術工芸品、照明器具に欠かすことのできないめっき技術です。
このように無理なく調和し、見る人をなごませてくれる色調は、他の表面処理では真似ることのできない良さでしょう。
 

関連記事

  1. 防食について

  2. 光沢剤について

  3. 精密電鋳とは

  4. 引っかけめっきとは

  5. コーティングとは

  6. 電着塗装とは