溶射について

酸化物などの無機材料や金属などの粉末をノズルから高圧で吹き出し、火炎やプラズマ中で溶融状態として品物表面に付着させる手法です。
直流アークプラズマにより加熱するプラズマ溶射と アセチレン炎を用いるフレーム溶射があります。
溶射の利点は、使用目的に応じて最適な特性の得られる溶射材料を選定できるということです。特にサーメットやセラミックの皮膜を作成するのに唯一の方法となります。欠点としてはコストが比較的大きいことと、被膜が多孔質で薄膜は耐食性に弱さがあるところです。
 

関連記事

  1. 古美仕上げとは

  2. 塗装とは

  3. 表面硬化とは

  4. バレルめっきとは

  5. 光沢剤について

  6. 精密電鋳とは