硬質銀めっきについて

スイッチやコネクタなど、摺り合わさる部分に使用する銀めっきは、一般的には硬質銀めっきを使用します。
銀めっきは、光沢材に微量の金属を添加することで硬さを増します。しかしながら、電子部品の場合は、光沢材としての銀以外の金属を含むことは電気の特性上あまりよろしくありません。
なので無添加の銀めっきを、めっき後にバレル研磨処理を行い、表面を硬化させている場合もあります。
 

関連記事

  1. カドミウムめっきについて

  2. 黒色ニッケルめっきについて

  3. 脱脂の工程

  4. 酸化処理の目的

  5. 無電解銅めっきについて

  6. 溶融めっきとは