黄銅めっきについて

黄銅めっきは、合金めっきの中で最も歴史が古く、外観が金色に近いため、古くから金の代替めっきとして、主に装飾めっきとして用いられています。
めっき処理後、変色しやすいため、変色防止の為にクリアー塗装などを施しています。
装飾用以外に、ゴムとの接着性がよいことからタイヤコードや耐食用、摩耗防止用として用いられています。


「黄銅めっき」につきましては、
当社では取り扱っておりません。


 

関連記事

  1. 無電解銅めっきについて

  2. 無電解金めっきについて

  3. 亜鉛-鉄合金めっきについて

  4. 酸化処理の目的

  5. プラスチックめっきとは

  6. 酸処理をする前に