酸処理をする前に

金属の表面は、大気中の酸素と反応して必ず酸化物層が形成されます。
たとえば、ニッケルめっき上に生成する酸化物層とクロムめっき上に生成する酸化物層を比較すると、かなり性質が違うのが分かります。
めっき後、金属表面にはそれぞれの性質の酸化被膜が形成されています。
このため、効果的な酸処理を行うためには、それぞれの金属に生成する酸化被膜の性質を十分理解して、その金属に合った酸処理が必要になります。

【酸化性の酸と還元性の酸】

    酸の種類     代表的な酸    酸化被膜を
   除去する金属
  酸化性酸  
 硝酸
  クロム酸
  硫酸+過酸化水素
  銅、銅合金
 クロム
 還元性酸   塩酸
  フッ酸
 クロム
 ステンレス
 
 酸化性酸+還元性酸
(混酸)
  硝酸・フッ酸
  硫酸・塩酸

 チタン
 貴金属

 
 

関連記事

  1. 無電解金めっきについて

  2. サチライトニッケルめっきについて

  3. 銀めっき浴について

  4. 錫-亜鉛合金めっきについて

  5. セラミックスへのめっきについて

  6. 無電解ニッケルめっき