引っかけめっきとは

電気めっき方式の設置タイプである「引っかけめっき」についてご紹介します。
「引っかけ」は、ラック、ジグ、ハンガー、釣り具、タコなどの別名称がありますが、品物に電流を供給するための道具です。
中心の同の親骨から小骨に分岐し、先端はステンレス製のフックで品物に接します。
 
品物と接触する先端のフックだけを露出させ、他はすべて塩ビゾルコーティングで絶縁されています。
引っかけの向きや間隔は、電流分布に影響しますので、設計がとても重要になってきます。
 

関連記事

  1. 溶射について

  2. 表面硬化とは

  3. 電着塗装とは

  4. バレルめっきとは

  5. 精密電鋳とは

  6. コーティングとは