表面硬化とは

表面硬化とは、金属表面を硬化させて摩耗や衝撃に対する抵抗を強くすることであり、鉄鋼材料に対する浸炭や窒化処理、高周波焼入れが代表的です。
耐摩耗性を得るだけでなく、耐疲労性、潤滑性、靱性等の機能も達成されます。
最近では硫化処理をはじめ、Al、Cr、Ti、W等の金属やその炭化物を素材表面から拡散浸透させる手法が開発されています。
処理法も真空、ガス、塩浴、イオン等があります。
表面硬化の利点は、耐摩耗性や疲労強度等を向上させるため、主に鉄鋼材料の表面処理に広く用いられています。
欠点は、めっきに比べ、一般に処理温度が高いため、材料が変形することが多く、後加工が必要となります。
  

関連記事

  1. 塗装とは

  2. 引っかけめっきとは

  3. 精密電鋳とは

  4. 防食について

  5. 溶射について

  6. コーティングとは