コーティングとは

コーティングとは、物体の表面に薄膜を付着させて覆う事を意味しています。
ガラス等の無機質材料や有機高分子材料で金属等を被覆させるもので、吹付け、流動浸漬、スプレー溶射、静電などがあります。
 
コーティング方法は、粉体樹脂槽に素材を浸して素材熱で塗膜を得る流動浸浸法、高圧の直流電気を使って帯電させて塗装を吸着させる静電塗装法、ゾル状の樹脂に浸して塗膜するディッピング法、塗膜する物質を蒸着で素材表面に付着させるCVDPVDなどの方法があります。
 
コーティングの利点は、高分子材料(塩ビやポリエチレン、ポリプロピレン、テフロンなど)の厚膜コーティングが容易であり、耐薬品性や耐環境性に優れた被膜が得られところ。
欠点としては、その特性は被膜形成物質により決まってくるので、その選択及び被膜欠陥の検査に注意を必要であるということ。
  
 

関連記事

  1. 表面硬化とは

  2. 引っかけめっきとは

  3. 防食について

  4. 光沢剤について

  5. 塗装とは

  6. バレルめっきとは