錫-亜鉛合金めっきについて

錫-亜鉛合金めっき、鉄鋼の防食用に長い歴史を持っています。 延展性にすぐれ、二次加工性が高いという特徴をもった合金めっきであり 塩水と湿潤雰囲気にとくにすぐれた耐食性を示します。 錫は大気中では優れた耐食性を示しますが、鉄に対しては電気化学的に貴であり錫めっき層に欠陥があると鉄が腐食してしまいます。 一方、亜鉛は鉄に対して犠牲防食性を示しますので、錫の優れた耐食性と亜鉛の犠牲防食性とを利用したこのめっきは鉄鋼の防食めっきとして多く使用されています。 しかし、このめっきは亜鉛の選択腐食が進むと犠牲防食性が失われてしまいます。

「錫-亜鉛合金めっき」につきましては、
当社では取り扱っておりません。

 

関連記事

  1. 無電解ニッケルめっき

  2. セラミックスへのめっきについて

  3. 黒色ニッケルめっきについて

  4. 鉛-錫合金めっきについて

  5. プラスチックめっきとは

  6. カドミウムめっきについて