亜鉛-鉄合金めっきについて

亜鉛-鉄合金めっきは、亜鉛めっきよりも高耐食であり、均一電着性に優れていて、凹部分やパイプ内部へのつきまわりも良好です。   亜鉛-鉄合金めっきは膜厚5μmで、塩水噴霧試験が2,000時間という驚異的な耐食性を誇ります。 合金めっき皮膜組成は、亜鉛が99.3~99.8%、鉄が0.2~0.7%の時がもっとも良好な耐食性を示します。 特に黒色クロメートの場合は、他の亜鉛系めっきより耐食性の優位性が顕著であり、安価です。

「亜鉛-鉄合金めっき」につきましては、
当社では取り扱っておりません。

 

関連記事

  1. 連続めっきとは

  2. 無電解ニッケルめっき

  3. パラジウムめっきとは

  4. 硬質金めっきについて

  5. 酸化処理の目的

  6. 硫酸銅めっきについて